農家の声

こはく農園:菅原さんインタビュー

菅原さん

サラリーマンから農業への転職

農業をする前は何をしていましたか?

菅原さん

農家をやる前は証券会社の営業をしていました。

当時は転勤続きで日本各地を飛び回っていたので、なかなか家族との時間をとるのが難しかったんです。

なので将来的には転勤のない仕事に就くという事は考えていたのですが、そんな折、息子が発達障害である事が分かったのです。

当時はものすごく悩みましたが、その時、農業をしようと決意しました。

農業は一カ所にとどまる仕事であることはもちろん、就職に比べてある程度時間の自由が利くという事が決め手でした。

私にとっては「個人事業」を始めるという感覚だったので、特別「農業だから他の業種に比べて大変」だというような感覚はありませんでした。

なぜ岡山で農業をすることになったのですか?

牛窓「日本のエーゲ海」

この岡山の大自然が好きなんですよね。

ちょうど15年前くらいに岡山市内で仕事をしていて、その時に妻に出会いました。

実はその頃から将来的には自然豊かな岡山で働きたいと思っていました。

特に瀬戸内市・牛窓は農業が盛んな地域で、作物の育ちやすい土壌・気候、条件が揃っていて農業をするには申し分ない地域なんですよ。

若い人も農業に参入する人がどんどん増えていて、それは嬉しい事なんですが、良い農地は取り合いになってしまいますね(笑)

備前黒皮かぼちゃ栽培のきっかけは?

農業を始める時、2年間牛窓の師匠の下で研修をしていました。

その頃PTA会長もやっていたんですが、地域のお祭りが無かったのでやろうという事になったんです。

そのお祭りの時に備前黒皮を復活させる会の安達さんと知り合いました。

安達さんがお祭りに協力してくれる中で「備前黒皮かぼちゃ」という忘れられたかぼちゃがある事を知ったんですね。

これから農業を始めようというタイミングで、絶滅したかぼちゃを復活させようという熱い想いを知りました。

しかも私の農地は小高い山にあり、備前黒皮かぼちゃを栽培するのにとても適した環境だったのです。

それらすべてのタイミングが運命的と言わざるを得ない状況でした。

こはく農園

こはく農園

息子が生まれたとき、植物からなる宝石の琥珀のようにキラキラしていたので「大切な宝物」という想いを込めて「琥」の字を子どもにつけました。

そしてそれと同じくらい「作った作物が食卓をキラキラしたものでありますように」と思いを込めてこはく農園という屋号にしました。

備前黒皮かぼちゃの他に、地域特産のキャベツ、白菜、冬瓜や、かつては栽培されていたものの作業の大変さや収量が少ないからとこの地域で作り手がいなくなってしまったプリンスメロンを独学で栽培しています。

皆様の食卓にキラキラしたものをお届けできるよう精一杯頑張ります!

【こはく農園】
〒701-4301
岡山県瀬戸内市牛窓町長浜3614
菅原 宏都